3.甲状腺専門病院・伊藤病院の再診|数値は安定しているか?

      2017/03/10

Sponsored Link

3年ぶりに、2人目不妊でKLCを訪れると、最初の諸検査で引っかかってしまいました…!不妊治療を始める前に、まずは伊藤病院で甲状腺を診てもらうことになりました。

前回の診察で「チラージンS(甲状腺ホルモン剤)」の量を減らされてから2カ月、また再診に行ってきました。

 

再診では何をするの?

前回の診察から2カ月後の2016年12月24日、伊藤病院で再診をしてきました。今回は、風邪や胃腸炎やインフルエンザの流行もあり、年末の電車や都会に娘を連れていきたくなかったので夫に預け、混んでいるのを覚悟の上で土曜日に行ってきました。

 

再診の流れ

Sponsored Link

1階自動受付機「受付くん」で受付

9:44、1階の自動受付機「受付くん」で受け付け完了。受付くんの向かいの窓口で診察券・受付票・保険証を提出し、保険証確認をしてもらいます。

1階で採血

1階奥の検査室前で待ちます。検査室モニターに番号が出たら中待合室で待ち、番号を呼ばれたらそのブースに行き、採血です。

9:50、採血完了。約1時間後に採血の結果が出てから診察になるので、外出してよいと言われましたが、クリスマスイブに表参道をうろうろしても面白くないのでw、2階の診察室前の待合室で本を読みながら時間をつぶしました。ここからが長い…。長かった…。

2階で診察

2階の診察室前で待機します。診察室は全部で16まであります。

11:14、ようやく診察室モニターに自分の受付番号が出て、該当診察室のドア横のポケットに受診票を入れて、中待合室で待ちます。そのあとは、名前で呼ばれ、中に入ります。

医師の診察が始まりました。診察券を渡し、説明を受けます。TSH(甲状腺刺激ホルモン)の数値が良いので、また薬の量を減らしていく方向です。

 

甲状腺ホルモン剤の「チラージンS」を62.5→56.25μg(50は毎日1錠、12.5を1日おきに1錠飲みます)に減らされました。毎朝起床時に飲みます。「チラージンS」は、甲状腺機能低下症を治療するために、不足している甲状腺ホルモンを補う、甲状腺ホルモンを製剤化した薬です。

次回は「妊娠したらすぐに、何もなければ3カ月後」に来院になりました。

診察が終わったら、診察室外のすぐそばで待機するように言われます。待っていると、看護師さんからこの後の流れの紙「診察案内票」を渡されました。この紙にも、次回の来院タイミングが書かれていますが、「3か月後」とだけ書いてあります。

1階で会計

1階へ移動します。11:28、会計モニターに自分の受付番号が出て、自動精算機で精算します。

1階の薬局で薬を受け取る

11:30、会計が終わったら、そのまま1階奥左手の薬局前で待ちます。薬局モニターに自分の受付番号が出たら、窓口で薬を受け取り、終了です。

11:40に病院を出ました。

 

今日の待ち時間の友

面白くてあっという間に読み終わりました。スキンシップの大事さがとてもよくわかりました。

 

本日のまとめ

本日のお会計:3,470円(現金かキャッシュカード(デビット扱い)のみ。クレジットカードは使えません)

2人目累計金額:446,871円

滞在時間:約1時間56分

まとめ記事から読むと不妊治療の全体像がわかります

>>>流れがわかる!不妊治療歴まとめ はこちらです

Sponsored Link


 - 伊藤病院 ,