【KLC 4周期目・D4】採血の後、急きょ内診に!なぜ?

      2017/01/13

Sponsored Link

3周期目に妊娠判定が陰性で終わった時、「次回は採卵のみにして、顕微授精ののち胚盤胞まで育てて凍結保存、翌周期に移植しましょう」という方針になったので、今周期で無事に採卵できれば良いのですが…。

 

【KLC 4周期目・D4(生理4日目)】採卵周期スタート

2016年12月5日【KLC 4周期目・D4(生理4日目)】採卵周期がいよいよスタート。本来はD3に行くべきですが、予定があったためD4に行きました。今日も3歳娘と一緒です。

「3日目が最適ですが、ご都合が悪ければ2日目か4日目のご来院でも結構です」と初診の際に渡された「よくある質問のまとめ」に書かれています。

持ち物は診察券のみで大丈夫です(月初めの場合は、保険証の確認があります)。

 

D4の流れ

Sponsored Link

15:00予約でしたが、早めの14:22にKLCに到着しました。受付開始時間まで再診受付マシンの前の椅子に順番に並んで待つことにしました。もう既に待っている人が何人もいて、早めに着いてちょうど良かったかも。娘にはシールブックで遊ばせていました。

15:00、予約した時間に4階で再診受付、診察券へ10階検査センターと刻印されます。D3は普段は娘同伴でも大丈夫ですが、今日は夫が年末年始の休暇のため、夫に預けてきました。

15:04、10階検査センターに移動し、すぐに採血。この後は5階で待つように言われます。

15:07、5階診察室前で待機します。

今日は採血と診察のみだと思っていたら、急きょ内診室モニターに呼び出され慌てました…。

16:00、内診終了。採血結果に異常があったらしく、確認のための内診でした。4日目なのになんだか卵胞が大きく映っていてアレ?と思いました。先生はその卵胞の大きさを測って、内診終了しました。

16:15、診察室モニターに呼ばれて診察室へ入室。

「ホルモン値に異常があり、内診して確認しました。いざんらんぽうですので、今週期はお休みして体調を整える周期にしましょう」

(い、いざんらんぽう?なにそれ?)「あの、いざんらんぽうってなんでしょうか」

「前回の周期の卵胞が残っていてそれが成長している、遺残卵胞です。これがあると採卵しても空胞だったり受精する確率が低いので採卵はお休みにします。次回は一週間後に来てください。採血と内診して経過を見ましょう」

>>>解説…E2(イーツー):正式名称はエストラジオール17βで、卵胞ホルモンのことです。3周期目の時はD3でE2が49で採卵できました。今回の4周期目のD4ではこの値が101と異常に高かったため、内診で確認したところ遺残卵胞(いざんらんぽう)とのことで、採卵はせずに体調を整える周期になりました。

16:30、会計して終わり。残念ながら今週期はお休みになってしまいました。それならそれで、娘とたくさん公園に行って遊ぼうっと!

 

>>>次回の予約は、先生より渡される「次回診察予約のご案内」の内容にしたがって、自分で取ります。

 

本日のまとめ

本日のお会計:6,480円

2人目累計金額:435,637円

滞在時間:約2時間8分。午後一番の15時予約だと滞在時間が2時間かからない気がします。ただ、ここから帰ると風呂→飯→寝かしつけまでのルーティンの時間がずれてしまうのが難点です…。

 

まとめ記事から読むと不妊治療の全体像がわかります

>>>【KLC 4周期目まとめ】はこちら

>>>流れがわかる!不妊治療歴まとめ はこちらです

Sponsored Link


 - KLC 2人目待ち・4周期目 , , ,