【KLC 7周期目・D10】卵胞チェックで、え?ポリープ?

      2017/03/10

Sponsored Link

今週期はお休みですが、遺残卵胞の経過をチェックするため、一週間後に来るように言われました。ところが内診でまさかの事態に…!

【KLC 7周期目・D10(生理10日目)】ホルモン値確認・卵胞チェック

2017年2月28日【KLC 7周期目・D10(生理10日目)】ホルモン値確認・卵胞チェックの日です。D10の持ち物は診察券のみで大丈夫です(月初めの場合は、保険証の確認があります)。

D10の流れ

Sponsored Link

14:40、早めに着いたので並んだら2番目。15:00、予約した時間に4階で再診受付、診察券へ10階検査センターと刻印されます。今日も3歳娘と一緒に来ました。

15:03、10階に移動し、すぐに採血。5分止血して絆創膏に貼り替えたら5階内診室前へ移動してくださいとのこと。

15:07、5階内診室前にて待機します。

15:53、内診が終了。内診中は、娘も同じ部屋に入り、待たせています。ここでいつもと違うことが発生!内診して卵胞の大きさを測り終え、着替えようとしていたら「ちょっと待ってください!」と女医さん。何事かと思ったら…

女医さん「ポリープがあるって言われたことありますか?」

私「いいえ、ありません」

女医さん「ちょっとポリープがあるかもしれないので、今もう一度確認します」

ガーーーン。ポリープ?ポリープって?子宮に?6日前に別のお医者さまが見てくださって何も言われなかったのに?

 

再度内診台に上り、器具を入れて、そこからチューブを入れて、水を入れて、エコー撮影していました(領収書を見たところ「ゲンタシン通水検査」という検査だったようです)。水を入れられる時に「ぅぉお…」という声が出てしまいましたw 痛くはないのですが気持ち悪かったです。

やはり奥に丸く白いものが写っています。

女医さん「ポリープですねー。取った方が良いです」

器具を抜かれてからそのまま少し安静時間がありました。少し出血していたのと、残った水が出るかもしれないのでナプキンをあててください、と看護師さんに言われました。

16:00、診察室へ。先生からのお話は、以下の点。

  • 卵巣機能が落ちてますね。元々あまり良くないんですね(去年9月から二人目不妊を始めたカルテを見ながら)
  • ポリープは、今取ってもいざ移植となった時にまた出来ているおそれがあるので、胚盤胞ができてから取りましょう。その次の周期に移植となります。
  • まだ排卵していなかったので、今日何時でも良いのでスプレーをしてください
  • 明日からソフィアA錠を飲んでください
  • 次回は、次週期の3日目に来てください

先生に確認したところ、ポリープを取る手術はKLCでできるそうです。日帰りでできますが、連続して2日通う必要があるとのこと。

中用量ピルのソフィアA錠が出ました。1日1錠夕食後に内服、12日分出ました。飲み終わって数日後に生理が来るとのこと。

16:34、4階の薬局でフロモックスを出してもらいました(ポリープの検査をしたため)

16:43、会計して終わり

>>>次回の予約は、先生より渡される「次回診察予約のご案内」の内容にしたがって、自分で取ります。

 

本日のまとめ

本日のお会計:9,924円

2人目累計金額:527,173円

 

最近記帳したら1月31日に自治体より助成金の振込がありましたので、ここで累計から引きます。:150,000円

2人目累計金額:377,173円

滞在時間:約2時間3分

 

ポリープ…。日頃の不摂生がいけないのかな…。胚盤胞ができるまで手術はしないそうなので、それまでに体質改善をして自力でポリープを治そうと思います(ムリかな…w)。

というか、そもそも良い卵を採るために、卵巣機能を高めなくては!

いろいろ調べて実践して記事にしますので、ご期待ください^^(3/1から少しずつ実践しはじめました)

 

まとめ記事から読むと不妊治療の全体像がわかります

>>>【KLC 7周期目まとめ】はこちら

>>>流れがわかる!不妊治療歴まとめ はこちらです

Sponsored Link


 - KLC 2人目待ち・7周期目 , , ,